こばこ~「好き」によりそうものづくり~猫好き、シンプルモダン好き、和柄好き

布紙雑貨covaco。カルトナージュで仕立てた日常使いの雑貨を中心に作製販売しています。色々な「好き」を形にするべく考えている時間が好き。たまに迷走します(笑)

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

カルトナージュで使うボンド 

 

こんにちは~
小箱増産中のゆーかりです(^-^*)

さてさて、
カルトナージュ小物の販売を始めてから、
ボンドの使用量が跳ね上がりました(笑)
ので、家には常時3キロくらいのボンドが置いてあります(^◇^;)

今日は、そんなボンドのお話です。

・ボンドってどのくらい薄めたらいいの?
・ボンドは何を使ったらいいの?

っていうのをよく聞かれるんですけど

薄める目的は、ボンドのノビを良くするためなので
カルトナージュで、カートンやケント紙に塗る場合は
基本的には、薄めなくて大丈夫だと思います。

ただ、乾燥した日に使っていたり、保管の方法によっては
少し水分が飛んでしまって、塗っていてボソボソするときもあるんです。
ボンドが均一に塗れないと仕上がりにも影響しますので
そういうときは、すこーーーーしだけ薄めます。

あと、裏打ちに薄い紙などを使う場合も
伸びが悪いと同じ個所を筆で何度もなぞることになって
紙がよれたり、やぶける原因にもなるので
すこーーーしだけ薄めます。

ボンドのメーカーさんによって、濃度が違うので
霧吹きで1プッシュくらいの水を足して、よく混ぜて様子をみてください。
あけたての濃度に戻ったら、それでOKです(* ̄  ̄)b

薄めすぎた場合、
水分でカートンがそりやすくなるし
薄い紙は破けやすくなりますし
接着力が弱くなるので、後から布が浮いたりします。

私の場合、MAX薄めたとしても
ボンドの10%のお水までしか入れません。
ここまで薄めるときはほぼない。

これが正解というわけではなく
あくまでも個人的な分量ですが、参考になれば嬉しいです(^-^*)




どこのボンドがいいかっていうのは、
もうお好みでしょうか。

私は、コニシの木工用ボンド
(黄色い容器に入っているアレとか)
カルトナージュ用になるのかな?「サクラノール」
製本屋さんのボンド
の3つを使い分けてます。

木工用は50グラムで110円くらい
サクラノールは500gで1000円くらい
製本屋さんのは300gで700円くらいです。

確かに粘着力が違うし、中性のボンドの方が変色しないとか
色々ありますけど、そこまでこだわらないのでしたら
手に入りやすいものを使って大丈夫だと思います(^-^*)

わたしなんて、はじめたころは
高いボンドも安いボンドも違いがまったくわからなかったヽ(〃▽〃;)ノ

今は乾いたときの感じが違うのを感じるようになりましたが
匂いとかでは違いはわかりません(笑)

それに、良いボンドが必ずしも
自分の好みに合うかっていうのも微妙なところなんで
ボンドの違いがわかるようになってから
色々試してみるのもいいと思います~。


今日も長くなりました~
最後まで読んでくださってありがとうございました♪

布紙雑貨こばこのゆーかりでした(^-^*)

関連記事

category: 趣味のあれこれ

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。